業務用冷凍庫、冷蔵庫が冷えない、電源が入らない場合の診断方法について

冷凍・冷蔵機器の故障診断と処置について解説致します。

 

故障の原因と言っても原因は様々ありますので、私の修理の経験から代表的な事例をピックアップしてご紹介致します。

 

修理は決して安いものではありません。一度ご自身で冷凍・冷蔵機器を下記内容に沿ってチェックして頂く事をお勧めします。もしかしたらご自身がメンテナンスする事で修理依頼せずに済むかもしれません。(その場合は最低でも3,4万円は節約できますよ)

maintenance.sunteras.com

 

 【フィルターが詰まっている】

f:id:sunteras:20190418103240p:plain

この写真の様にフィルターがゴミで汚れている、目詰まりしていると排熱出来ずに冷えなくなります。このフィルターは少なくとも半年は洗ってませんね(笑)。
フィルターを洗う場合は柔らかいブラシで中性洗剤を使用すると良いでしょう。 

 

maintenance.sunteras.com

 

 庫内ファンモーター停止

※今後更新予定

・凝縮器(コンデンサー)が目詰まりしている

※今後更新予定

・凝縮器(コンデンサー)ファンモーター不良(停止)

※今後更新予定

・ガス漏れ(配管の腐食等によるガスの流出)

※今後更新予定

・蒸発器の凍り付き(霜付き)

 ※今後更新予定

 

電源が入らない原因について

・コンセントが抜けている

※今後更新予定

・ブレーカーが落ちている(本体側or配電盤)

※今後更新予定

・漏電

※今後更新予定

・ヒューズ切れ

※今後更新予定

・基板不良

※今後更新予定

 

 

まとめ

上記内容について一度自分で確認して頂いた上で、修理依頼をするとサービスマンは適切な部品、材料を用意する事が出来、修理時間短縮が可能になるかもしれません。
定期的にメンテナンスを行い、長く使用出来れば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です