業務用冷凍・冷蔵庫が冷えない場合、「凝縮器の汚れ」が原因かもしれません

修理マン

フィルターの奥にある凝縮器が汚れ、目詰まりを起こすと冷えなくなります。
凝縮器って何?何するモノなの?

女性店長

MEMO
凝縮器は「コンデンサー」や「熱交換器」と言う事もあります。

凝縮器とは??

f:id:sunteras:20190330171527p:plain

左写真の縦型冷蔵庫の場合は本体の上部のカバーを開けると右の写真のようになっており、そこに凝縮器があります。
この凝縮器の裏側にはファンモーター(扇風機みたいな物)があります。
このファンモーターで外気をフィルター越しに吸い込んで熱くなった凝縮器の熱を排出(排熱)する仕組みになっています。

フィルターが汚れて冷蔵庫が冷えない

凝縮器が目詰まりすると排熱できない為、冷凍庫・冷蔵庫は冷えないだけでなく、デメリットしかありません。

デメリット
  • 冷えない
  • 電気代が必要以上に高くなる
  • 寿命が縮む

そうならない為にも凝縮器を3~5年に一度は洗浄する事をお勧めします。
(本体の設置環境により汚れの度合いは変わります)

油を大量に使用する飲食店(中華料理屋さん等)やフライヤーに隣接する場所に冷凍・冷蔵機器が設置されていれば特に注意が必要です。外気と一緒に油を吸い込むので油汚れが酷くなります。

油で汚れた凝縮器

同様にパン屋さんや、蕎麦、うどん屋さんであれば凝縮器は粉まみれになります。

粉まみれの凝縮器

目詰まりしている凝縮器内部


注意
写真は「既に冷えなくなっている程汚れた凝縮器」です。こうなる前に洗浄の依頼をお勧めします。

診断方法

言ってる事はなんとなくわかるけど、どうすればいいの?

女性店長

修理マン

洗浄すべきかどうかはココを触れば分かりますよ!

とは言っても排熱が出来ているのか、いないのかと言われても分かりませんよね?
そんな時はここに触れてみると分かります。

f:id:sunteras:20190405175225p:plain

この凝縮器の赤丸で囲われている部分の配管。左右どちらかの下側に奥に伸びている配管があります。
そこは本来なら常温(30℃前後)が望ましいところ。
ここが45℃を超えてくると排熱不良になります。当然冷却能力は落ちます。


触ってみて「熱いな」と思ったら大体は45℃超えています。
(ざっくりですみません・・・。)
その場合は排熱不良ですので、洗浄が必要です。

注意
洗浄してもまだ熱い、冷えが悪い場合は設置環境が悪い可能性あり

縦型業務用冷凍・冷蔵庫の設置環境について解説する

洗浄については自分では実施せず、業者に依頼して下さい。
ただ洗浄方法を教えて欲しいとの要望が多いので以下に記しますが、自己責任でお願いします。

凝縮器の薬剤洗浄

この冷蔵庫実は冷えが良くないのよ。凝縮器が汚れてるかもしれないわ。ちょっと見てもらえる?

女性店長

目詰まりした凝縮器

汚れた凝縮器

目詰まりした凝縮器

修理マン

バッチリ排熱不良を起こしています・・・。今から洗浄してあげますよ。
(よくここまで我慢してたな)

 

洗浄後の凝縮器

洗浄してキレイになった凝縮器

内部までバッチリピカピカ!!

修理マン

完璧に洗浄しましたよ店長!(凄い汚れだった・・・)
スゴーイ!!まるで新品みたい!元々の凝縮器ってこんなにキレイなのね(笑)。

女性店長

洗浄作業後はとてもよく冷えるようになりました。
5年以上経過した冷凍庫・冷蔵庫・製氷機等は一度洗浄のご検討をお勧めします。
今までの修理の経験上、寿命は確実に伸びますよ!

5年以上経過した冷凍庫・冷蔵庫は一度点検をお勧めします。

 

凝縮器の洗浄方法

修理マン

お客さん自身が洗浄するのはオススメしませんが、洗浄風景を動画にしました。

※動画は横型冷蔵庫(コールドテーブル)です。

  1. 洗浄液を霧吹きで吹き付ける
  2. 噴霧器で洗い流す
  3. 再度洗浄液を吹き付ける
  4. 2,3分待って洗い流す
  5. 再度洗浄液を吹き付ける
  6. 汚れが取れなければブラシでこする
  7. 最後は入念に洗い流す


洗浄液を霧吹きで吹き付け、その後噴霧器にて洗い流す。これを汚れの程度に応じて3,4回繰り返します。奥のファンモーターに水がかからない様に注意しながら洗浄します。
洗浄するには噴霧器、洗浄液、雑巾(ボロ)が必要です。

以上の手順で洗浄が可能です。縦型冷凍・冷蔵機器についても基本のやり方は一緒です。受け皿が置けないので流した洗浄液や水は雑巾で吸わせて絞る作業が加わるくらいです(それが面倒くさいのですが・・・)。

再度の注意となりますが、知識・経験のない方の洗浄は業者に依頼して下さい。どうしても自分でやらなければならない状況にのみ、自己責任でお願いします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です